社内業務の非効率さ、一体、何から手をつければよいのでしょうか…

 人材不足の昨今、非効率な社内環境の改善のためにデジタル化を進めなければ、とは思いつつ、予算も人材も足りず、何から手をつけて良いかも分かりません。とにかく社内は非効率で、

  • 部署ごとの個別システムによる分断
  • 昔ながらの承認プロセス
  • ハンコ・日報のために帰社

等々、解決すべき課題は山積みです。

非効率を解消したいのに、人材も予算も足らない…

 業務の非効率を解決するには2つの視点が必要です。

業務をつなぐIT環境の実現
     +
ITシステムの継続的な改善

 この2つのポイントを抑えることで非効率は解消できます。しかし、IT人材の強化と潤沢な予算が必要になるケースばかりです。仮に予算が組めたとしても、この人材難に人を見つけるのは難しく、そもそも「どんな人がこの課題解決を推進できるのか」を見極めることすらできません。社内業務の非効率さと向き合うには、ITの知識だけでなく、社内業務の理解度が関わってきます。そんな状況には第三の選択肢を検討すべきです。それが「システム改善のDIY」化です。

開発が苦手な社長でも簡単に出来る、アプリのDIY。ローコード開発を取り入れよう。

 「社内でアプリ制作なんて不可能だ」そんな声も聞こえてきそうですが、実は簡単にアプリDIYが出来る時代が来ています。キーワードは「ローコード開発」です。マウス操作するだけでアプリが開発できてしまう時代です。

 今まではIT部門に依頼して、システム会社に発注してきました。すると往々にして要件がズレ、その修正のためにまた時間を費やす、という開発工程が目に浮かびますが、そのようなやり方は不要です。現場の非効率さを一番わかっている部門が、自らアプリを組み立てることで、納期もクオリティも上げることが可能です。マウス操作だけで出来、開発が苦手な社長でも作ることを可能にします。