こんな経営者、経営役員におすすめ

  • 自社の人的リソースに課題を感じている
  • 優れた副業人材の探し方が分からない
  • WEBを生かしたビジネスに力を入れたい

首都圏人材の兼業・副業を推進

 人的リソースが限られる地方企業こそ、都市部の副業人材活用を――。

 政府が2019年にまとめた「まち・ひと・しごと創生会議」の基本方針案では、都市部の副業人材を地方企業と結びつける動きを後押しする方向性が打ち出されました。

浅間酒造では副業人材がウェブサイトの構築などを担っています

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大都市への人材一極集中を見直す必要性も加速しています。内閣府が2020年7月にまとめた「選択する未来2.0」の中間報告では、全ての世代を引きつける地方圏を目指し、「首都圏人材の兼業・副業」や「2地域居住、2地域就労支援」を進めるとしています。

 では、どのような副業人材が地方企業に求められるのでしょうか。代表的なのは、ウェブサイト制作などを担うIT人材です。コロナ危機で対面販売が縮小傾向になる中、地方の老舗企業でも、オンラインでの集客や販売が急務になっています。

 それでも、地方企業では募集できる人材が限られ、ITに特化した部署を設け、都市部のIT人材を正社員で採用するのが難しいのが現実でした。助けになるのが、都市部の優れた副業人材と、自社では解決が難しい課題を抱えた地方企業をつなぐマッチングサービスです。

浅間酒造(あさましゅぞう)・柳澤裕治さんの体験談

 群馬県長野原町の浅間酒造も、サービスを利用した企業の一つです。同社もオンラインでの集客や販売の必要性は理解しながらも、手をつけられていませんでした。同社経営戦略室の柳澤裕治さんは「弊社にはITのリテラシーが高い人がほとんどいません。しかし、地方の酒蔵に就職したいIT人材を採用するのは難しい現状がありました」と話します。

浅間酒造は1872年に創業。酒類の製造だけでなく、「浅間酒造観光センター」ドライブインも運営しています

 地方では縁故での取引が多く、ウェブ制作会社も数社紹介されましたが、いずれも希望するクオリティーには達していませんでした。

 「売上アップのために優秀なIT人材を採用したい」という思いを満たしてくれたサービスが、シューマツワーカーでした。地方では採用できないような優秀な人材が多く登録していたといいます。

サイト制作の上流から伴走

 同社はWEBデザイナーを副業社員として採用し、WEB制作を依頼しました。柳澤さんは「組織に片足を踏み入れながら、サイト制作の上流から伴走してくれています。副業社員のノウハウを社内に落とし込み、若手従業員にも吸収してもらいたいと思っています」と手応えをつかんでいます。

浅間酒造のWEBサイト

 今後はECの強化や海外展開も見据え、WEB事業部の発足や商品パッケージやチラシ、ポスターなどのデザイン強化も計画しています。柳澤さんは「シューマツワーカーは課題に応じていろいろな方をアサインし、案件ベースで優秀なチームを作れるのが魅力的です。中長期的にお付き合いさせていただけたらと思っています」と期待を寄せています。

 浅間酒造のような地方企業の課題を解決するには、優れたIT人材が必要です。エンジニア、デザイナー、WEBマーケターといった幅広い人材を抱えるシューマツワーカーの詳しい資料が、ご覧になれます。