政府は1日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、大阪府、兵庫県、宮城県に対し、緊急事態宣言に準じた「まん延防止等重点措置」(まん防)の初適用を決めた。対象地域は大阪市、神戸市、兵庫県西宮、尼崎、芦屋の3市と仙台市の計6市となる。5日から大型連休が終わる5月5日までの31日間、飲食店の午後8時までの時短などに取り組む。

 菅義偉首相は対策本部で「地域を絞った重点的措置を機動的、集中的に講じて、感染を封じ込めていく」と、適用への決意を語った。「まん防」は、緊急事態宣言の目安となる感染状況が最も深刻な指標「ステージ4」(感染爆発)に至るのを避けるための予防措置で、その手前の「ステージ3」(感染急増)が適用の目安となる。

 3府県の知事は、1日までに政府に「まん防」の適用や検討を求めた。適用を受けた知事は、「まん防」の対象となる市町村を絞り込み、感染が県域に広がらないよう対策をとる。知事は時短営業を命令でき、違反すれば20万円以下の過料を科すことができる。

 感染防止策などを定めた政府の基本的対処方針には、飲食店の時短の午後8時までの前倒しや、感染防止対策のアクリル板の設置・換気などに対する府県の見回りの徹底、飲食店でのカラオケ自粛も盛り込んだ。=朝日新聞デジタル掲載2021.04.01

朝日新聞デジタルで読む(会員登録が必要です)