JR博多駅前で55年にわたって店頭でお酒を飲める「角打ち」の老舗として知られた「三喜屋酒店」(福岡市博多区博多駅東1丁目)が、3月末で閉店した。仕事を終えたサラリーマンたちの「止まり木」だっただけに、多くの常連客から惜しまれている。

 店主の吉村勝利さん(83)が28歳だった1965年、実家から独立して店を構えた。当時の博多駅周辺にはまだ田畑があって空き地も多く、2階建ての店は目立ったという。博多駅の筑紫口まで一直線に歩いて行けた。

 当初の客は近隣住民が多かったが、68年に官公庁の合同庁舎が近くにできるなど開発が進み、サラリーマンが多くなった。焼酎などのボトルは原価でキープし、チャージ料はなし。お湯代が100円、おつまみ代が100~200円で、千円あれば十分に楽しめた。妻の悦子さんと数人の従業員で切り盛りし、立ち飲みカウンターは常連客でにぎわった。

■コロナで客が激減、病気に倒れて

 昨年4月、新型コロナウイルスの影響で1カ月休業。再開後も営業時間短縮を余儀なくされ、客が減った。昨年11月に勝利さんが開店準備中に病気で倒れて約2カ月入院した。後継者もおらず、そのまま閉店を決めた。

 常連客からは「まだ続けて」と惜しむ声が寄せられ、贈られた花飾りがカウンターに置かれていた。勝利さんは「皆さんにはお世話になりました。閉店前に飲んでいただけなくて、残念でした」と話している。(堀英治)=朝日新聞デジタル掲載2021.04.03