政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長は14日の衆院厚生労働委員会で、感染者が再び急増している現状について「第4波に入っているのは間違いない」と述べた。13日に確認された新規感染者数は、大阪府では初めて1日当たり1千人を超える1099人、東京都では510人となっている。

 立憲民主党の長妻昭氏への答弁。特に感染者が多い大阪に関して、まん延防止等重点措置ではなく、緊急事態宣言がすぐに必要だとする質問に対し、尾身氏は「緊急事態宣言を出す可能性は十分検討する必要がある」と述べた上で、「『人流』は減っているので、新規の感染者数はいずれ頭打ちする可能性がある」とも指摘した。

 その上で「一番大事なのはいまの状況をどう好転するか。緊急事態か重点措置かではなく、今やるべきことがあるならば、それに集中すべきだ」とした。=朝日新聞デジタル掲載2021.04.14