トヨタ自動車は、2022年春入社の新卒採用で、技術系の社員に占めるソフトウェア系の人材の割合を、21年入社の約2倍に高めることを明らかにした。自動運転などの次世代技術や新サービスの開発が急速に進むなか、こうした新領域に専門性を持つ人材の獲得に力を入れる。

 技術系の採用ではこれまで、車のエンジンや車体の開発を担う、機械工学系の人材が多くを占めてきた。今春入社でも技術系約300人の多くは機械工学系出身で、ソフトウェア系は約2割にとどまっていた。

 22年春入社では、ソフトウェア系の人材を4~5割に引き上げる。自動運転や無線通信でつながる車「コネクテッドカー」などの先端技術の開発を担う人材の確保が、急務となっているからだ。トヨタは昨年、技術系の新卒採用で、従来続いてきた大学推薦を22年春入社から廃止することを全国の大学に通達。ソフトウェア系をはじめとした、多様な人材が集まるように自由応募に切り替える。

 採用時には、応募職種を細かく分類し、学生の希望職を聞いて採用する仕組みを整える。入社後の業務内容をイメージできるようにして、早期離職を防ぐ狙いだ。

 また、中途採用者の割合も、現状は年間に入社する約1千人のうち約3割だが、約5割まで段階的に引き上げる。専門性の高い人材を確保するだけでなく、他社で経験を積んだ人材を増やすことで、組織の活性化を図りたい考えだ。(三浦惇平)=朝日新聞デジタル掲載2021.04.26