こんな経営者、経営役員におすすめ

  • 人事評価制度が整っていない
  • 人事評価制度を見直したい
  • 会社の成長に限界を感じている

内部資源で組織力を高めるOGSとは

 人事評価システムの OGSは、外部資源による成長ではなく、内部資源であるヒト、文化、制度、仕組み、環境などを活用することで、事業成長を図る仕組みです。

 OGSでは、マネジメント基礎知識、経営理念の策定・浸透、人事評価制度まで扱っています。特に最も重要な内部資源である「ヒト=人財」を育てるために「マネジメント」と「人事評価」に重点を置いて、組織力向上を後押ししています。

OGSで解決できる組織課題例

福祉介護業界でのOGS導入事例

 岡山県で福祉用具レンタル・デイサービスを行うアイルリンクはOGSを導入した企業の一つです。導入前までは、人材評価の標準化ができず、給与体系はほぼ年功序列で、給与に不満を持つメンバーもいました。その結果、人材の定着に課題を抱えていたといいます。
 独学で評価制度設計に取り組むものの上手くいかずに悩んでいたところ、OGSのワークショップを見つけて参加しました。参加したことで「なぜ人事評価が必要なのかや、人事評価を導入することのメリットを、理論的に理解できた」と述べています。

ワークショップに参加したアイルリンクの岡田さん

 ワークショップに参加した後、OGSを利用して人事評価制度を完成させました。新しい制度では、評価項目を等級と報酬に紐付けました。単に等級だけを上げるのではなく、徐々に役職も上げていくことで、組織の中核を担う人財になってほしいという意図を込めた設計としています。
 同社はOGSの活用によって、評価制度は単なるシステムではなく、経営陣のメッセージや会社の方向性を従業員に伝える役割も持つと感じたそうです。新しい人事評価制度の運用を始めた同社では、企業と従業員がお互いに成長することを目指しています。

無料で資料ダウンロード

  • OGS 人事評価template
  • templateのポイント解説(ゴール、基準、優先順位、振れ幅等)
  • 業種別 評価制度参考例
  • 人事評価制度の失敗例