東京・お台場の複合施設、パレットタウンの営業を12月から順次終了すると、森ビルやトヨタ自動車などが21日発表した。

 終了の時期はトヨタのショールーム「メガウェブ」は12月末、ライブハウス「Zepp Tokyo」は来年元日、商業施設の「ヴィーナスフォート」は来年3月27日、大観覧車は来年8月末を予定する。パレットタウンは1999年3月に開業。これまでに国内外から計4億人が来場した。

 跡地には、トヨタグループの東和不動産がプロバスケットボールBリーグ、アルバルク東京の試合会場にも使う多目的アリーナを2025年6月に完成させる予定だ。1万人以上を収容する。新しい商業施設も計画している。(木村聡史)=朝日新聞デジタル掲載2021.07.21

朝日新聞デジタルで読む(会員登録が必要です)