トヨタ自動車は17日、10月に予定する大幅減産について、国内で完成車工場全14カ所を対象に行うことを明らかにした。高級車レクサスなどをつくるトヨタ車体吉原工場(愛知県豊田市)の第1ラインが最長となる11日間操業を停止する。

 ほかに、トヨタ自動車東日本岩手工場(岩手県金ケ崎町)の第1ラインは9日間、トヨタ自動車九州宮田工場(福岡県宮若市)の第1ラインは7日間操業を停止する。トヨタは今月、新型コロナの影響で10月の世界生産台数を従来の計画より33万台(国内15万台、海外18万台)減らすと発表していた。2022年3月期の世界生産の見通しも、930万台から900万台に引き下げた。(近藤郷平)=朝日新聞デジタル掲載2021.09.17