目次

  1. ワークライフバランスのイベント背景
  2. 社員面談やノリノリ手当など工夫たくさん

 日本は、少子高齢化による労働人口の減少に直面する一方、育児や介護との両立など働く人のニーズが多様化しています。働き方改革は、雇用の7割を担う中小企業・小規模事業者にも大きく関わるテーマです。

 さて、実際に中小企業の現場は、働き方改革に向けてどのような取り組みをしているのでしょうか?

 5月31日に開催したオンラインイベントで、竹下製菓社長の竹下真由さん、乗富鉄工所副社長の乗冨賢蔵さんに聞いてみると、従業員それぞれに合わせた働き方を目指して面談したり、「ノリノリ手当(趣味手当)」を支給したり、男性育休を推奨したりと参考になる工夫がたくさんありました。2000社以上の働き方の相談を受けてきた「ワーク・ライフバランス」社長の小室淑恵さんからも、男性育休がなぜ必要なのかなど、具体的な助言がたくさん得られました。

 ツギノジダイの無料会員に登録頂くと、5月31日に開催したオンラインイベントの様子を視聴頂けます。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。