メディアが企業を取材する目的とは

 インターネットで「メディア」や「PR」に関連するキーワードで検索すると、以下のような内容を見ることがあります。

広告媒体に商品やサービスを掲載すれば広告費がかかります。
しかし、メディアを取材で呼ぶことができれば、無料であなたの商品やサービス宣伝することができます!
PRにはストーリー性が欠かせません

 こうした紹介には取材する立場として、ギャップを感じます。朝日新聞記者や現在運営しているWEBメディア「ツギノジダイ」の編集長からの視点にはなりますが、周りの記者を見ていると、企業を取材する目的は次のようなポイントがあると感じています。

  • 読者が関心を持ちそうなトレンド情報、社会課題を紹介するのに合致する事例だった
  • 読者の生活の役に立つ情報を発信、または持っていた

 逆にいえば、企業の商品やサービスの宣伝にしかならない場合はなかなか記事にする機会はありません。経済メディアをのぞけば、新製品、新サービスの発売が大きなニュースになるのは、Appleの新型iPhoneなど誰もが知る有名企業、有名商品がほとんどです。

 ただ、こうした状況にもかかわらず、朝日新聞にはいくつも中小企業が登場するコーナーがあります。積極的にメディアにアピールしている中小企業はまだ少ないので逆にチャンスかもしれません。

朝日新聞で中小企業が登場する企画とは

 朝日新聞で中小企業が取り上げられているコーナーを紹介します。「どんなコーナーに掲載されますか?」というのは、PR・広報勉強会でよく聞かれる質問の一つです。

 そのほかにも、各都道府県やブロックごとにつくっている紙面でも、中小企業を紹介する様々な連載があります。「ツギノジダイ」では、中小企業の経営者や後継ぎを多く紹介していますが、読者である中小企業の経営層も悩んでいる経営課題や悩みに対し、どのように解決しようと取り組んでいるかを中心に紹介しています。それでは、次にメディアへの露出に向けた具体的な手順について紹介します。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。