認知度ゼロからのオープン

 2018年10月1日にオープンした「焙煎幸房そら」は、スペシャルティコーヒーを取り扱い、注文をいただいてから焙煎するこだわりのコーヒー豆専門店です。

「焙煎幸房そら」代表の岩田純さん

 代表の岩田純さん(30)が最初にGaki-Bizに相談に訪れたのは、オープンから3日後でした。当時は商工会議所が主催する創業塾に参加するなど、経営者として勉強中でした。ただし、オープン前に店の存在を周知できていなかったため、認知度ゼロのままオープンしたことに課題を感じていました。

スペシャルティコーヒーを知ってもらうには

 まずはしっかりと岩田さんの事業や経緯について、聞きました。岩田さんは有名チェーンの飲食店で勤務をしていましたが、コーヒー好きが高じて、脱サラし、住宅街に位置する自宅敷地内に小さなコーヒー豆の店をオープンさせました。ご自身が美味しいコーヒーに出会ったことで、コーヒーの概念が変わり、脱サラをして自宅敷地内に念願のプレハブの小さな店を建てました。

オープン当初の旧店舗

 厳選した世界各地14種類の生産者の顔までわかるスペシャルティコーヒーと呼ばれる高品質で特徴的な味わいを持つコーヒーを扱う専門の店にしたのだと。このこだわり抜いたスペシャルティコーヒー専門店を知ってもらい、売上アップにつながるアイデアがないかという相談内容でした。

お店の強みになるキーワードとは

 著者の個人的なことを申し上げると、実はコーヒーが苦手で、スペシャルティコーヒーと言われても正直ピンとこなかったのと、コーヒーをメインにする店の多くは、「厳選したこだわり」のコーヒーを取り扱っていることや、「オリジナルブレンド」を売りにしているイメージがありました。

 そこで、私自身、コーヒーの香りや味は好きですが、カフェインが体に合わないのであえて飲まないということを相談中に話しました。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。