地域密着の塗装店、課題は「膨れ上がる残塗料」

 福岡県鞍手町で外壁塗装・屋根塗装の専門店を営む、フクモト工業。創業60年を超え、住宅の外壁や屋根の塗替えを中心に、高い技術を持った職人による丁寧な施工を武器に、地域に密着した事業を展開しています。

 そんな会社が、膨れ上がる残塗料の管理業務に頭を悩ませていました。現場で仕様変更や追加の工事が入ったときに、いま何色の塗料がどのくらい残っているのかが、離れた場所にある倉庫にその都度行ってみないと分からず、確認するのに往復1時間以上もロスしていました。

 また、在庫をリアルタイムで把握できていないため、塗料を重複して仕入れたり、現場で余った塗料を最後まで使わないまま倉庫で眠らせてしまったりといったことが頻発。最終的に廃塗料として処分するために、年間100万円以上の産業廃棄物処理費用がかかっていたのです。

在庫管理システムの開発を決意

 そこで、塗料倉庫の整理整頓をしたのですが、それでも課題は解決しません。「きれいになった倉庫は、きれいというだけで必要な在庫を探すのに時間が掛かってました。また倉庫まで探しに行かないと分からなかったのです」

 この問題を解決するため、フクモト工業の2代目福本満寿男社長は、滋賀県のシステム開発会社プリムスクリエイティブと手を組み、塗料缶の在庫管理を効率化する、オリジナルのクラウド型在庫管理システムの開発に踏み切りました。

在庫管理システム、反対だった社員も効果を実感

 ところが、塗装の知識がない社外パートナーとのやり取りで、当初は福本社長が思い描くイメージがなかなか伝わりませんでした。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。