中心市街地から離れた郊外型カフェが人気

 東広島市は人口19万人ほど、広島大学など4つの大学を抱える学研都市で、県庁所在地の広島市に隣接したベッドタウンです。

 コロナウイルス第四波の危機と言われていた2021年4月、東広島市の中心地から自動車でおよそ30分、緑の多い丘陵地に新規に開業したのが「モノトーントーキョー」。こだわりのハンドドリップコーヒー、焼き立てのパンや手作りスイーツを提供するカフェです。

モノトーントーキョーのInstagram

 出店場所は、経営母体の自動車販売店の在庫置き場。従来の店舗開発のセオリーからみれば、店前の交通量こそ多いものの、大きな太陽光パネルに遮蔽されており、決して好立地ではありません。

太陽光パネルが広がるモノトーントーキョーの店舗がある敷地

 このような制約のある土地にも関わらず、開業から4か月ほどで月間2500人以上が訪れ、地元TV局や雑誌の取材が相次ぐ人気店となっています。

自動車販売店の新規事業への挑戦

 この「モノトーントーキョー」を出店したのは越智モータース。東広島市で自動車関連事業を手掛けています。創業10年、経営者の越智光矢社長は30代ながら、地方運輸局長から自動車分解整備事業の認証を受けた「認証工場」を保有し、販売から車検・整備まで展開しています。

 越智社長がハイビズに相談に訪れたのは2020年4月のこと。自社に新しく加わるメンバーからの提案で、敷地の有効活用と中長期的な自動車関連事業とのシナジーを狙った「カフェ」を開業したい、という相談でした。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。