予想外の3人独立

 プラグの前身である「アイ・コーポレーション」は、小川さんの父が立ち上げた会社で、30人ほどの社員とともに食品やビールなどのパッケージデザインを手がけ、会社は順調に業績を伸ばしていました。

 「社長、ちょっといいですか」

 No.2が小川さんに相談に来たのは、2010年4月のゴールデンウィーク直前のことでした。小川さんの経験上、社員がこうしてやってくるときは、結婚の報告か、会社の退職を申し出るかをやめる宣言のどちらかがほとんどなので「来たな、No.2」と身構えました。

 話を聞くと、No.3、No.4とともに3人で独立して、同じ業種の新会社を立ち上げたいとのことでした。No.2は同い年で力のあるデザイナー。そのため、独立する可能性を考えてはいましたが、さすがに3人同時は予想外でした。それでも「動揺を見せるわけにはいかない」と平静を装いました。

 小川さんの頭に真っ先に浮かんだリスクは次のことでした。

  • デザイン業務は、デザイナーの個性とクライアントの好みがつながりやすく仕事を持っていかれるかもしれない
  • 実力のあるデザイナーが辞めることで、会社全体のデザイン力が落ちる可能性がある
  • 社内に動揺が走り、連鎖的に退社する社員が出るかもしれない
  • 取引先から経営者としてのマネジメント能力に疑問を持たれてしまうかもしれない

 ゴールデンウィークは家族で沖縄旅行でしたが、連休中の小川さんの頭のなかは「どの順番で社内に伝えれば良いか」「売り上げを落とさない方法」「クライアントへの説明」など、ぐるぐるとシミュレーションが回り続けていました。

方針は敵対関係をつくらない

 連休明けに小川さんは3人に対し方針を示しました。

  • 新会社とは敵対関係をつくらない
  • 3人には段階的に退社してもらう
  • 独立後、小川さんが3人の会社に仕事の一部を発注することで創業時の売り上げを保証する代わりに、これまでのクライアントを奪わないことを約束してもらう

 内心、歯ぎしりする思いを隠し、3人には「応援するから一緒にやろう」と伝えました。こうした方針には、理由がありました。

 「自分よりも、残った社員が心配でした。3人を尊敬していた社員もいるので、その思いは踏みにじってはいけない。ここで敵対しては社員たちが苦しんでしまうと考えました」

心配していた事態起こらず

 3人の退社について、社内で動揺が広がらないよう、次のコアメンバーになって欲しい社員たちを一人ずつ呼んで話し合う機会を設けました。3人が辞めることだけでなく、今後の方針も合わせて説明しました。その結果、不安の連鎖は起きず、ほかに辞めていく社員もいませんでした。この対応について、後日新たな幹部となった社員たちからは「対策も含めて説明する、あの小川さんの対応は良かったね」と言われたそうです。

 心配していた売り上げも覚悟していたほどには下がりませんでした。事前の約束はなし崩しになり、仕事の一部は新会社に奪われる形になってしまいましたが、それでも取引先の発注が切れることはありませんでした。取引先が大手であるほど、これまでの取引の実績が重視されたからでした。

 「積み重ねてきた歴史・信用の上に法人同士の取引が成立しているという事実を実感しました」

「真の経営者になれた瞬間」

 半年ほど過ぎた日の夜、社内で顔を上げてふと周りを見渡すと、社員たちが黙々と、そして懸命に働いている姿に目に入りました。小川さんも必死でしたが、残された社員たちも「クライアントに安心してもらうために品質を維持しよう」と3人が抜けた穴をみんなでカバーしようとしていました。

 小川さんは、残された社員に感謝するとともに「社員たちを幸せにしたい」と心から思いました。そして「今、振り返ると、その時が、私が真に経営者になれた瞬間だったと思います」と話します。

 「自分の幸せをきちんと上の人が考えているかどうかは、どんな社員でも肌で感じるのだと思います。社員を幸せにしようという、その気持ちは今も変わっていません」

プラグの社員たち

 プラグは現在、消費者がデザインをどのように評価するかを予測するAIを東京大学と共同開発するなど新たな事業を立ち上げつつ、成長を続けています。

同じ経験をした経営者に伝えたいこと

 3人が退社を伝えた当時、小川さんはこれからどうなるかも見通せず不安を抱えていました。そんなときに助けられたのが同じ経営者たちからのアドバイスでした。大学でアメフト部だった小川さんは、経営者になったチームメイトのもとを訪れ、弱みもさらけ出して相談しました。

 これからどんな事に備えなければいけないかだけでなく、今後に「光」も照らしてくれたと振り返ります。とくに「小川さん、残った社員はぐっと伸びますから、大丈夫ですよ」と掛けられた言葉は勇気を与えられたといいます。

 同じような悩みを抱えている経営者、そして当時の自分に向けて次のように話しています。

  •  「大変な状況になりますから、必死に経営しなければならないのですが、会社をよくするとても貴重な機会でもあるのです。いい会社に生まれ変わるための力の見せどころです。経営者としての成長のチャンスです。」 

    小川亮さん