目次

  1. 輸入小麦の政府売渡価格とは
  2. 日本政府が輸入している外国産小麦の5銘柄
  3. 輸入小麦の政府売渡価格の推移
  4. 輸入小麦の値上げはなぜ?3つの理由
  5. 家計への影響
  6. 小麦粉の値上げいつから?
  7. 農水省の相談窓口

 日本で消費されている小麦粉の約9割は海外から輸入されています。輸入小麦は日本政府が買い付け、国内の製粉会社などに売り渡すしくみです。製粉会社は小麦粉に加工したうえで、パン・麺・菓子などをつくる食品メーカーに卸します。こうして最終的に消費者のもとに届けられます。

小麦の流通経路(農水省の公式サイトから引用)

 輸入小麦の政府売渡価格とは、過去の一定期間の輸入価格の平均値に、いくらかのマージンを上乗せした価格のことです。このマージン分は、政府管理経費や国内産小麦の生産振興対策に充てられています。

 輸入小麦の売渡価格は以前、年間を通じて固定価格でしたが、2007年4月からは国際相場の変動の影響を緩和するため、年2回、価格を改定することにし、直近6カ月間の平均買付価格をベースに計算されるようになりました。

 日本政府が輸入している外国産小麦は、次の5銘柄です。

  1. カナダ産ウェスタン・レッド・スプリング(1CW)……おもにパン用
  2. アメリカ産ダーク・ノーザン・スプリング(DNS)……おもにパン・中華麺用
  3. アメリカ産ハード・レッド・ウィンター(HRW)……おもにパン・中華麺用
  4. オーストラリア産スタンダード・ホワイト(ASW)……おもに日本麺用
  5. アメリカ産ウェスタン・ホワイト(WW) ……おもに菓子用
小麦の種類と用途(農水省の公式サイトから引用)

 2021年10月期の政府売渡価格は、1トンあたり6万1820円で2021年4月期と比べて19.0%の値上げとなりました。この水準は、2009年4月期以来の高水準です。

輸入小麦の政府売渡価格の推移(農水省の公式サイトから引用)

 輸入小麦が大幅に値上げされた理由について、農林水産省は次の3つの理由を説明しています。

  1. 年初来の米国産、カナダ産小麦に対する中国の旺盛な買付け、特に高騰したとうもろこしに代替する飼料用需要などで、小麦の国際価格が上昇していること
  2. 2021年6月以降、米国北部及びカナダ南部の日本向け小麦産地において高温乾燥により作柄が悪化し、価格が高騰していること
  3. 太平洋エリアで輸送需要が回復傾向になったほか、コロナ禍でコンテナ船など船不足が置きて海上運賃が大幅に上昇していること

 農林水産省の試算では、今回の政府売渡価格の改定が食品の小売価格に与える影響は次の通りです。

  • 食パンは1.3%(1斤当たり2円程度)増
  • 中華そば(外食)は0.2%(1杯当たり1円程度)増
  • 小麦粉は5.3%(1kg当たり14円程度)増
小麦粉を使う製品に価格転嫁された場合の影響額の試算(朝日新聞デジタルから引用)

 国家貿易制度のもとで製粉会社は2、3カ月分の小麦を備蓄しています。そのため、過去の例からすると値上げは3カ月ほど後になるとみられます。

 農水省は、専用の相談窓口を設置しました。次のようなことを相談できます。

  • 国際相場の動向や価格改定理由の説明、関連資料の提供
  • 小麦関連製品の小売価格に関する相談
  • 原料小麦の安定供給の確保に関する相談

 電話:03-6744-1253(直通)または、農水省のサイト内の問い合わせ窓口で受け付けています。