目次

  1. 3800社以上の相談から見出した新規事業創出ノウハウ
  2.  ほかのプログラムとの3つの違い
    1. 既存のマーケティング・フレームは使わない
    2. 誰もがイノベーションを起こせるノウハウを伝授
    3. 事業創出も可能な即戦力のプログラム
  3. イノベーションを起こすための連続講座(全5回) 
    1. 第一回:事例から理解する、「ひらめき」のメカニズム
    2. 第二回:強みに気づき言葉にする5つのステップとリフレーミング
    3. 第三回:ひらめきの源泉○○力を磨く8つの「ちいさな習慣」(前半)
    4. 第四回:ひらめきの源泉○○力を磨く8つの「ちいさな習慣」(後半)
    5. 第五回:次々と面白いようにアイディアが生まれる「タグ検索」思考
  4. スクール事業の日程
  5. 金額
  6.  お申し込み・お問い合わせ

 確度の高い事業アイディアを量産ブラックボックスだったイノベーションの「ひらめき」を解明し、誰もできるようにする連続研修プログラムです。

 ヒト・モノ・カネすべてが不足する中小企業の経営相談を10年間で約3800社の事業相談に対応する中で確立してきた、ちいさなイノベーションを起こす新規事業創出ノウハウを伝授します。

 マーケティングの潮目が変わったコロナ禍でも、年間で100を超える新商品・新サービスをヒットさせ顧客の売上維持・アップに貢献。再現性があり即実践可能なプログラムです。

 SWOT分析や4C、STP分析など既存のマーケティング・フレームワークは使用しません。現状の自社の分析や情報の整理には大いに役立つものの、事業創出するために「そのフレームワークをどう埋めるか」が思い浮かばなければ、フレームワークは十分に機能しないからです。『ひらめきプログラム』では完全オリジナルのメソッドで事業創出を図ります。

 私たちはイノベーションを起こすために必要なのは「自社の強み(A)と従来とは異なる市場のニーズ(B)との掛け合わせ(C)」だと考えています。同プログラムでは、そのイノベーションに必要な3つの要素をもれなくインプットし、鍛えるためのカリキュラムを開発しました。

 新商品開発・新規事業創出には時間がかかる、というイメージをお持ちかもしれません。しかし、中小企業では長いスパンで市場調査や企画立案、検証、テストマーケティングなどにヒト・モノ・カネを割く余裕はありません。

 同プログラムでお伝えするのは明日からすぐに実践していただけるような即戦力な内容。コロナ禍では企画から1週間で市場投入した実績もあります。機を逃すことなくスピード感をもって事業創出ができるプログラムです。

 事例を通じて、「ひらめき」とはなにか?イノベーションの構造を理解します

 強みの10の類型や、強みの引き出し方、弱みを強みに変える方法について、エフェクチュエーション理論などについて事例やワークを通じて体感します

 コンビニで、ドラッグストアで、どこでもできる、ビジネスセンスを磨くために癖付けしたい日常の習慣を体感します。

 「ちいさな習慣」を定着させ、格納するためのアウトプット思考法も含めて体感します。

 面白いようにアイディアが生まれる「タグ付発想法」と、顧客視点でアイディアを検証する「◯◯◯◯式企画書」を習得します。

 新規事業開発スクール「事業アイデアを量産できる”ひらめき”プログラム」は、計5回のスクール事業です。以下の5日程の連続講座となるため、あらかじめ日程のご確認をお願い致します。

4月  4日(木曜) 19:00 - 21:00
4月11日(木曜) 19:00 – 21:00
4月18日(木曜) 19:00 – 21:00
4月25日(木曜) 19:00 – 21:00
5月  9日(木曜) 19:00 – 21:00

 200,000円 (税込220,000円)※請求書のみ対応。2024年3月14日までは先行予約として150,000円(税込165,000円)でお申し込みいただけます。

 ツギノジダイの問い合わせフォームより、「ひらめき」プログラム受講の旨を記載してお申し込みください。