目次

  1. スリープとは スリープ設定はコントロールパネルから
  2. スリープ解除ができない場合の原因
  3. スリープ解除できない場合の対処法と注意点
  4. スリープ状態から勝手に起動させないためには?

 スリープとは、パソコンの電源を切らずに作業内容をメモリに保存するパソコンの省電力機能のことを指します。

 Windowsの場合、スリープ状態になるまでの時間や、スリープ状態にならないようにする設定はコントロールパネルから設定できます。

Windows11のコントロールパネル
Windows11の電源オプション
  1. Windows11ならタスクバーの「検索」から「コントロールパネル」と入力
  2. 「電源オプション」から「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をクリック

 このほか、Microsoftのサポートページによると、「電源オプション」からカバーを閉じるか電源ボタンを押すとスリープ状態になるようにPCを設定することもできます。

 パソコンが正常に動作していれば、スリープは電源ボタンを押すか、キーボードやマウスを操作するだけで解除できるのですが、解除できない場合は何かしらの問題が起きている可能性があります。

 Lenovoの公式サイトによると、以下の原因が考えられます。

  • 音楽や動画など複数起動しているアプリの影響
  • 外付けハードディスク、プリンターなど周辺機器の影響
  • ドライバの不具合
  • BIOSの設定の影響
  • パソコンに不要な電気が帯電している

 スリープ解除できない場合、電源ボタンを長押しすれば強制終了できますが、頻繁にしないように注意しましょう。

 スリープ解除できない場合は以下のような対処方法があります。

  • アプリや音楽・動画の再生を停止する(スリープ前に停止しておく)
  • 周辺機器を外す(スリープ前になるべく外しておく)
  • プログラムを更新する
  • BIOSを初期化する(事前に取り扱い説明書などで確認してください)
  • 放電する(事前に取り扱い説明書などで確認してください)

 逆に、Windows Updateなどで、スリープ状態からパソコンが勝手に起動する場合があります。勝手に起動しないようにするには「スリープ解除タイマーの許可」が有効になっていないか確認してください。

 「コントロールパネル」>「電源オプション」>「プラン設定の変更」>「詳細な電源設定の変更」へと進み、「電源オプション」の詳細設定のダイアログを開いてください。

Windows11の電源オプション

 「スリープ」>「スリープ解除タイマーの許可」のアイコンをクリックし、「バッテリ駆動」「電源に接続」ボックスからそれぞれ「無効」をクリックします。