廃業を決めたのは、スカイト(東京・新宿)です。2014年から、リハビリ型デイサービス施設を東京都内で運営していました。厚生労働省によれば、介護業界の初任給は平均17万円。一方、スカイトは23万円以上に設定していました。しかし、代表取締役の佐野順平さんは、2015年の介護制度の改定に加え、コロナショックによる利用者激減で2020年4月に廃業しました。

顔見知りのお年寄りが亡くなっていくのを目にした少年時代

 佐野さんが介護事業に興味を持ったきっかけは小学校時代にさかのぼります。大けがを負い、脳外科に入院をしていた佐野さんの周りには、同じく入院して医療リハビリを受けているお年寄りがたくさんいたそうです。

 医療リハビリの保険適用期間は6カ月まで。病院で佐野氏をかわいがってくれたお年寄りの大多数とは、その後再会できなかったといいます。自宅に戻ったお年寄りのほとんどは、認知症を発症したり、もともとの症状が進行して寝たきりになったりして亡くなっていったからです。

 「介護の世界では、動けなくなったお年寄りから寝たきりになり、死に近づいていくのが常識。これでよいのだろうか、自分にできることはないのか――。そう思った記憶がずっと残っていました」

 大学卒業後、外資系コンサルティング会社を経て、マーケティング会社を設立。ずっと頭を離れなかった幼少期の経験から、お年寄りが自身で行動するための機能を維持する「機能維持リハビリ」のビジネスに挑戦すべく開業することになります。2014年、リハビリ型デイサービス施設をオープン。30坪、18人定員型の通所型施設で、初期投資額はおよそ4000万円だったといいます。

志村けんさんの死で利用者が激減

 オープンから6年間、運営を続けてきましたが、決してその運営は楽なものではありませんでした。介護職員は、平均初任給がおよそ17万円弱とされますが、同社では23万円に設定。有給休暇もほぼ100%取得できる環境を作っていたといいます。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。