創業140年、歴史ある和菓子のレシピを復活

 まず、明治時代の創業者のレシピを復刻することでファンの呼び戻しにつながった広島県府中市にある創業140年の洋菓子店「パティスリーパンセ」からご紹介します。

 現チーフパティシエである6代目がフクビズを訪れたのは、2019年春のことでした。家族経営で「自分たちで新商品の開発やキャンペーンなどを行ってきたが、アイデアが手詰まりになってきた。15年前に和菓子店から洋菓子店に業態転換したことで、和菓子店時代の顧客が離れてしまった。何かいい手立てはないか」という相談でした。

 フクビズが着目したのは、「家にこんなものがあるんだけど……」と2回目の相談時に持って来た、初代店主の和菓子のレシピでした。スイーツ市場は大手のコンビニが参入しているだけではなく、家にいながらインターネットで全国のお取り寄せができてしまうなど、競争がはげしい業界です。オリジナリティのある商品で差別化を図ることが重要である一方、容易ではありません。

明治の復刻和菓子「浜千鳥」
明治の復刻和菓子「浜千鳥」

 このようななか、自社の歴史を生かし、当時の人気商品を復刻することは他社には真似できず、明確な差別化につながると考えました。また、折しも令和に元号が変わるタイミングで、パティスリーパンセも創業140年の周年祭を企画していました。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。