顧客が増えなかったら「ヤバくない?」

 6年前、嫁ぎ先の電器店「サンエコライフ」天草店の仕事に携わるなかで、原田麻美さんは気が付きました。「店番だ、事務だ、経理だ、といろいろ店内業務をこなしているけれど、新規顧客は1年で一桁。顧客の平均年齢は60代。これヤバくない?考えてみたら営業担当いないし」

天草のほかの企業に対しSNSの活用方法を共有している原田さん

 悩みに悩んだ末に原田さんは思いつきます。イベントをしよう! 料理教室、美容イベント、キッズイベント、ミニ縁日、ハロウィン、クリスマス……。しかし、集客をしないと人は集まりません。とはいえ、広告にお金をかける余裕もありません。

 模索するなかで、店のFacebookを開設しました。しかし、お客さんは増えませんでした。そんな折でした。事業者の強みを再発見し、売り上げアップの提案をする天草市起業創業・中小企業支援センター「Ama-biZ(アマビズ)」を訪れたのは。

インフルエンサーから学んだ3つの秘訣

 アマビズは原田さんの企画力に脱帽。お金をかけずに広めるというところで、FacebookやInstagramといったSNSの効果的な使い方を、アマビズのITアドバイザーの江崎竜紀さん(ベジタブルデザイン代表)がアドバイスしました。原田さん自身もインフルエンサーの投稿を猛リサーチし、高校生の発信も役にたったそうです。そして今では当時の10倍。月に10~20人もの新規顧客が増えるようになりました。

その秘訣は3つです。

  1. 顧客が誰か。ターゲットが明確なこと
  2. 顧客の欲しい情報を発信すること
  3. 顧客と近づいてファンになってもらう人間関係ができていること

3つの秘訣を原田さんがどう取り入れたかをご紹介します。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。