ドッコイセ!bizの支援で生まれた新サービス

 法衣クリーニングを始めたのが、京都府宮津市でクリーニング店を運営する「両丹ドライ」の増田聡社長です。福知山産業支援センター(ドッコイセ!biz)の助言を受け、定額詰め放題の法衣クリーニングのサービスを「FAX営業」で始めた経緯を増田さん自身が紹介します。

人口減少「じわじわ窮地に」

 私の住む宮津市がある丹後地域は京都府北部に位置し、観光が主な産業となっています。

 日本三景の「天橋立」は多くの観光客が訪れる名勝ですが、街としては少子高齢化が進み、人口減少のため、商売の土壌がだんだんと縮小しています。

 そんななか、2005年に後継ぎとして先代より事業の引き継ぎをしました。その当時はまだ、これほど人がいなくなるとは思っておらず、じわじわと窮地に立たされることになりました。それを救ったのがドッコイセ!bizとの出会いでした。

両丹ドライの店舗

 クリーニング業は地域密着型で、地元のお客様に支えられてきました。私のクリーニングはしみ抜きなどしっかりときれいにしてお客様に喜んでいただくスタイルです。丹後ちりめんを生み出したこの地は着物の需要が高く、着物のクリーニングは得意分野です。しかし、和装の衰退、少子高齢化、昨今のファストファッションの台頭で需要が減り、経営が徐々に悪化していました。

「料金はいかほどかかるのでしょうか」

 ある時、顧問税理士の先生に「このままではやばいですよ、こんな記事を見つけたのでここに相談に行ったら?」と勧められ、ドッコイセ!bizを知ることになったのですが、この時すでにかなり苦しい状況でした。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。