アパレル産地・岐阜県で1955年創業の大映ミシン

 アパレル産地・岐阜県にある「大映ミシン」は1955年の創業以来、新品、中古の家庭用・工業用のミシンの販売・修理を通じて地元のアパレル産業を支えてきました。
 アパレルメーカーの海外進出に伴い、中国にも会社を設立。さらに近年は、目覚ましい発展を遂げている東南アジアへも販売を拡大していました。

家庭用ミシンにも注力

 3代目の佐々木清隆さんは「時流に乗って営業展開をしてはいるのですが、考えていた以上に厳しかったですね。ずっと東南アジアにばかり目を向けていたのですが、ふと考えを変えたときに『そういえば、家庭用ミシンって売れていないなあ』と思ったんですよ」と話します。
 佐々木さんは家庭用ミシンの販売に力を入れたいと、セキビズへ相談に訪れました。話を聞いたセキビズは、大映ミシンが工業用ミシンの修理で培ってきた高いメンテナンス力に着目しました。
 しかし、大映ミシンのサイトでは、こうした強みや「中古ミシンにも3ヶ月の保証期間がつく」というメリットを訴求できていませんでした。そこで、ブログによる情報発信の強化を提案しました。

 佐々木さんは、修理実績や納品したミシンの情報、顧客の声などの記事を週に1〜2本のペースでこまめに更新。修理事例では、ミシンを分解して1カ所ずつ丁寧に調整を重ねる様子や、「お亡くなりになられたおばあちゃんが使っていた思い入れのある家庭用ミシン、修理出来ずギブアップ!」といった“失敗例”も包み隠さずアップしました。

ブログにアップされた「おばあちゃんが使っていた思い入れのある家庭用ミシン」

 難しい修理にも対応できる技術力や実直な企業姿勢がよく伝わり、2ヶ月を過ぎたころから来店者や問い合わせが増え始めました。

 「徐々に『ブログを見ました』と言っていただくことも増え、続けてきてよかったと実感しています。工業用、家庭用問わず、ブログをきっかけに注文をいただきました」

SDGs視点がピンチをチャンスに

 ブログの反響に少しずつ手応えを感じ始めていたころ、新たな問題が浮上しました。中古ミシンを仕入れていた会社が廃業することになったのです。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。