合同会社SHERPAの訪問介護事業からスタート

 広島市内の障害者支援施設で働いていた岡本さんは、「地元の東広島市は訪問介護事業者が不足している」と感じていました。そこで、地域に必要とされているサービスを提供しようと2013年に地元に戻り、訪問介護事業を営む「合同会社SHERPA(以下、シェルパ)」を立ち上げました。もともと介護に対する高い専門性を持っていたこともあり、ケアマネージャーや医療機関から紹介が増え、多くの依頼が入るようになり、経営は順調でした。

シェルパが運営するのが「訪問介護事業所まる」

中古介護用品販売のきっかけは「引き取ってくれんか?」

 転機が訪れたのは今から数年前。介護が終了された方からの「車椅子を引き取ってくれんか?」という問合せでした。

 訪問介護をするなかで、不要になった介護用品を目にする機会は多く、以前より「何かできないか」と考えていた岡本さんは、この問合せをきっかけに、すぐに事業化へ向けて動き出しました。

市場ニーズはあると思っていたのに想定外の展開に

 しかし、岡本さんにとって、買取・再販事業というのは未知の領域でした。事業を始めたものの、どのように広げていけば良いかわからず、手探りの日々が続いていました。

 同じような業態からヒントを得ようと、中古自動車や中古自転車を販売する経営者仲間に相談し、買取・再販に関するノウハウを学び、サイトやチラシでサービス周知に取り組みました。しかし、反応はどれも一時的なものでした。

 そして、事業開始から1年が経過した2020年4月にハイビズを訪れました。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。