家族経営の農業から気づいた将来の道

 食・農業界と異業種のつなぎ役「フードカタリスト」として活動する中村圭佑さんの実家は、福岡県の久留米市でも知られたフルトリエ・中村果樹園です。中学生のころから、実家の果樹園や周りの農家を見ながら「どうして農業は会社でやっているところが少なく、こんなに家族経営が多いのだろう」と疑問を感じていました。

 後になって学んだことですが、家族経営には次のようなメリットがあります。

  • 環境・天候の変化による不作でも簡単に事業撤退をせず辛抱強い(経済的強靭性)
  • 小規模や中山間地域、農業に不向きな地域での農業経営を行える
  • ビジネスだけではない、強固な人間・信頼関係による意思決定の速さ

 その一方で、多くの農家が家族経営を続けるのにはそれ以外の理由もありました。

  • 単一作物栽培で繁忙期と閑散期があるので安定して人を雇えない
  • 産直販売や農産物を加工品として売るにも販路開拓やマーケティングのわかる人がいない
  • 家族が食べていければそれ以上の稼ぎは求めない

 農業に“作り手”として関わるのではなく、食・農業界全体の家族経営からの脱却に必要な人材になりたい。そのためにはどんなキャリアを積めばいいのか、と考え始めます。

 「学生の頃から興味があるのはスポーツと食・農業だけだったんですよね。でも生産者、いわゆる“作り手”はたくさんいて。じゃあ僕は“作り手”として、実家の果樹園を盛り上げていくのではなく、もっと手広く農業界を盛り上げていきたいなと考えるようになりました。現状の家族経営主体の農業界で足りない人材、それが農家に代わってマーケティングや販路開拓、経営を考えるという、いまのフードカタリストの仕事です」

インタビューに答える中村さん

夢の実現へ考えたビジネスキャリア

 高校生のころにはすでに、食・農業界に携わる会社を起業したいと思うようになっていました。そこで考え始めたのが、夢の実現のためにはどういうキャリアを積めばいいのかということです。
 より広い世界を見るために、関東にある明治大学の農学部に進みました。卒業後は、農業界を徹底的に知りたいと老舗の農薬メーカーに就職します。

 仕事を続けながら、大学院でMBAを取得。さらに、座学で学んだビジネススキルを実践しようと転職した経営コンサルティング会社を経て、農業ベンチャー「FOODBOX」を起業しました。2019年7月、32歳のことでした。

福岡県で無添加製法にこだわったハチミツをつくっている辻養蜂場

 「35歳~40歳で起業しようと考えていましたが、大学院時代の仲間に、遅くなると保守的になるからと背中を押され、想定より早く起業に至りました」

 FOODBOXという社名には、FOOD(食・食料)とBOX(箱)は「食料がいっぱい入っていて欲しい=食料が満たされた世界になって欲しい」という意味と、びっくり箱的な意味で「良い意味で想定外のソリューションがいっぱい出でてくる」という2つの意味を込めています。

中国で感じた「日本の農業は保守的」

 中村さんは新卒から勤めた農薬メーカーでの7年間、海外営業として中国にも頻繁に足を運びました。そこで感じた中国と日本の違いをこう話します。

 「中国は、新しいテクノロジー、システムなどスマート農業を自分の経営に取り入れようとする意欲が圧倒的に高いと感じました。たとえば、ドローンの農薬散布、生育診断システムの活用が進んでいます。これは中国国民全体として、テクノロジーが生活を変えてくれることを実感しているので、より効率性があがるものはどんどん取り入れ、発展させようとする姿勢が強いです。
 それに比べると、日本はまだ農業は人の手で行うものとの文化が強く、テクノロジー利用が全然進んでいません。新しいものの導入には保守的な姿勢が日本農業にはあると改めて感じました」

中国に海外営業として中国を訪れた中村さん(一番左)

「農業は他業種と掛け合わせてこそ」

 中村さんは自分の仕事を「フードカタリスト」と呼んでいます。フードカタリストとは、フード(食)とカタリスト(触媒)を組み合わせた造語で「食・農業界とその他異業種のつなぎ役」という意味です。
 「農業は農業界だけで課題を解決し、新しい収益を創り出せるわけではありません。第6次産業が『第一次産業(農業)×第二次産業(工業)×第三次産業(サービス業)』といわれるように、他業種と掛け合わせてこそ、新しい可能性が創り出されます」

 たとえば、農産物を加工してさらに販売するまでを手がける農家はまだごく少数です。消費者のもとにその加工品が届くまでには、加工メーカーや卸会社、配送業者、小売店など様々な業種が関わって成り立ちます。
 これを大きな市場ととらえて、農業だけでなく「食」まで手がけることにしました。

規格外レンコンがアメや介護食に変身

 フードカタリストとしての仕事の一つが、規格外レンコンから生まれた「レンコンパウダー」です。ある食品関連の展示会で出会った、レンコン生産で日本有数の規模を誇る農業法人「カワカミ」(熊本県)から相談を受けました。

熊本県で大規模な畑をもつレンコン専業の農業法人「カワカミ」。レンコン畑の前に立つのはカワカミの社員たち

 「レンコンを収穫した際、形が悪いなどで、商品として販売できないレンコン(フードロス)が2割も出てしまっているが、有効活用できないか」

 そこで農産物の加工メーカーにかけあい「レンコンパウダー」に加工できるようになりました。パウダーの利点はたくさんあります。生野菜より量が減り、流通コストが抑えられます。さらに、賞味期限が長くなり、長期保存もできるようになりました。
 また、販路開拓も手伝った結果「アメやタブレットの原材料」「ジュースへ溶かすパウダー」「介護食」「離乳食」など、様々な商品が生まれました。

 「農家だけでは知識や異業種との人脈、マンパワーも足りないところに僕が入ることで付加価値を最大限に引き出し、農家さんの新しい収益源を生み出すことができます」

 レンコン農家とは、レンコンパウダーの改良やさらなる販路開拓など今も伴走を続けています。

 後編では、中村さんが目指す「農業の未来」について紹介します。