マイナンバー把握の注意点

 2016年1月から、行政手続きにマイナンバーの利用が開始され、社会に浸透し始めました。現在では、給与所得・退職所得の源泉徴収票や、雇用保険や健康保険・厚生年金保険の届出書類に記載が必須となっていることから、会社は従業員のマイナンバーを把握しなければいけません。

 マイナンバーは個人情報であることから、あらかじめ従業員に利用目的を伝えることが必要です。また、その取得の際には、提出されたマイナンバーが確実に従業員本人のものかどうか確認することも、法令で義務付けられています。

 会社は主に従業員の入社時にマイナンバーの提出を求めますが、その場合はどのような点に注意すればよいのでしょうか。

ダウンロードできるマイナンバー提出依頼書のイメージ
ダウンロードできるマイナンバー提出依頼書のイメージ

 ツギノジダイでは、人事・労務ビジネスフォーム全書(日本法令)などの執筆を行っている山崎泉さん(アウル社会保険労務士法人代表社員特定社会保険労務士)が作成した、個人番号(マイナンバー)提出依頼書と個人番号(マイナンバー)届出書のテンプレートを用意しました。書き方などについても解説を加えています。ツギノジダイ会員に無料登録すれば、テンプレートを無料ダウンロードできます(編集協力・熊野雅恵)。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。