目次

  1. 酒蔵から地元の名家に
  2. 酒蔵も旧家も無くなる不安
  3. 歴史を無くしてはいけない
  4. 蔵より先に「敷嶋」を復活
  5. 動き出した酒造免許取得
  6. 亀崎での復活にこだわる
  7. 融資を受けて前向きな投資
  8. 委託醸造でファンが支えに
  9. 世界に誇れる日本文化発信の地に

 伊東家が経営していた伊東合資会社は、天明8(1788)年に創業。銘酒「敷嶋」を醸していました。昔は敷地内の船着き場から江戸に酒を出荷し、ピーク時は約8千石(一升瓶で80万本)の年間生産量を誇りました。

大正時代の伊東合資会社の全景図。現在は旧家、旧酒蔵、製造工場を含む約1万平方メートルが残っています

 みそ、しょうゆの製造販売、薬屋、銀行、保険、不動産なども営む名家となり、地元に広大な土地を保有していました。

 しかし、2000年、清酒需要の低下や他事業の不調のため、伊東さんの父親の代で酒造業を廃業し、酒類製造免許も返上。その後は不動産の売却益や、駐車場経営の収入で生計を立てていました。

 伊東さんは子どものときから名古屋市のマンションに住み、「家業や亀崎の実家のことはほとんど知りませんでした。酒蔵を廃業したときは中学生で、生活にも変化がなかったので、どこか人ごとでした」と言います。

 大学卒業後、NTTドコモに就職。東京で働いていましたが、伊東家の長男として実家のことも気になり、6年目で希望して東海支社に異動します。この頃から少しずつ家業のことを周囲に聞くようになりました。

 誰も住んでいない旧家の固定資産税だけで、家は毎年数百万円を払っていたといいます。「このままだと、酒蔵も伊東家の旧家も全部無くなるのでは」と不安を感じました。

伊東家の屋敷は日本庭園や明治天皇が立ち寄るために構えた離れなどがあり、国の登録有形文化財に登録申請中です

 伊東さんが30歳の時、祖父が亡くなりました。通夜の前日、実家に残っていた「敷嶋」を見つけ、祖父の傍らで口に含みました。「14年熟成でしたが、それを感じさせないフルーティーさとしっかりとした骨格があって、すごくおいしかった。祖父の横顔を見ながら、このお酒を造ってきた歴史を無くしてはいけない、酒蔵を復活させようと決めました」

 しかし、日本酒を造るには国の「酒類製造免許」が必要です。伊東家は免許を返上していたため、再取得する必要がありましたが、これが大きなネックになります。日本酒の製造免許は需給調整のため、原則として新規発行が認められていないのです。

蔵に残っていた創業時の「敷嶋」の看板

 それでも、伊東さんは会社員を続けながら、酒造免許の取得方法や、まったく知識がなかった酒造りの勉強をはじめます。「酒造りの大変さを知らない素人だから飛び込めたと思います。蔵を復活させたいという使命感だけでした」

 伊東さんは日本醸造協会のウェブ講習を受講したり、有給休暇を利用して東北の酒蔵で修業したりしました。問屋、飲食店との交流も深め、流通を学びました。

 同時に、民間調査会社のデータなどを使い、稼働していなかったり、売りに出したりしている酒蔵を探します。しかし、酒造免許取得のあてがないまま、18年秋、10年以上勤めたNTTドコモを退職し、愛知県の酒蔵の蔵人として酒造りをすることにしました。「無理やりにでも一歩進めたかった」と当時を振り返ります。

 酒蔵の復活のめどが立たず、お酒だけでも復活できないかと考えた伊東さんは、日本酒イベントなどで面識のあった福持酒造場(三重県名張市)の杜氏、羽根清治郎さんに委託醸造について相談しました。

 羽根さんも、廃業寸前だった親戚の酒蔵を存続させるために脱サラ。酒造りをゼロから始め、看板銘柄「天下錦」を醸し、全国新酒鑑評会で賞を取るなど蔵の復興に奮闘してきました。羽根さんは「うちもたくさんの酒蔵さんに助けて頂きました。自分が他の酒蔵にできることがあるのならば、最大限手伝わせて頂こうと。僕自身の試行錯誤を見てもらうのもいいかなと」と、受け入れた経緯を振り返ります。

 翌19年冬、伊東さんは蔵よりも先に「敷嶋」の復活を目指し、福持酒造場での酒造りを決意します。

 伊東さんは仕込みの期間中、半田市から2時間かけて名張市に通い、羽根さんの手を借りながら、初めて自分のお酒を仕込みました。目指したのはかつての「敷嶋」ではなく、新しい「敷嶋」。適度なうまみとキレのある味わいを目指した、山田錦100%を使用の特別純米酒です。20年春に「敷嶋0歩目(無濾過生原酒&火入れ)」ができあがりました。

 「すべての責任は自分にかかるので、搾りあがったお酒を飲むまでは怖かったです。(醸造作業は)一瞬の判断が出来を左右することもあるので、会社勤めとは違う緊張感がありました」

 20年間途絶えていた「敷嶋」の復活が話題となり、複数のメディアが取材。自身もSNSで情報発信をしていたこともあり、「応援したい」という人たちから注文が殺到。自ら開拓した酒販店での販売と、直売、そして自作の自社ホームページからのネット販売で、初年度分の約500本(一升瓶換算)はすぐに完売しました。

福持酒造場で「敷嶋」を仕込む伊東さん(伊東さん提供)

 話題になったことで、伊東さんには「酒造免許を譲渡してくれる会社が出てくるかも」という淡い期待がありました。しかし、そんなに甘くはなく、いくつかあった話も、実現には至りません。

 今度は伊東家が経営していた駐車場の売却話が持ち上がりました。「悩みましたが、売却すれば、旧家や蔵の修繕、製造工場の買い戻し、過去の借金返済などの費用が賄える状況でした」

 酒造免許取得のめども立たない中でしたが、「何もしなければ、伊東家の蔵も旧家も無くなるだけ。やれることをやろう」と売却を決意。両親からも異論はありませんでした。

 背中を押されるように外堀が埋まる中、念願の酒造免許取得が大きく動き出しました。「東京の飲食店の方が、勘違いして僕のインスタグラムに『天下錦が欲しい』と、連絡をくれて」

 福持酒造場との間を取り持つうちに、その飲食店に「敷嶋」を置いてもらうことになり、そこで「敷嶋」を飲んだお客さんが酒蔵復興の活動に共感して、酒造免許を探してくれたのです。結果、免許の譲渡を検討していた関東地方の蔵元を、紹介してもらうことになりました。

 紹介された蔵は歴史がありましたが、現在は造りを行っておらず、別事業を軸にしていました。条件面も折り合い、21年春、その酒蔵の株式を取得する形で、念願の酒類製造免許を手に入れるめどが立ちました。

木造の蔵の横にある製造工場は他企業へ売却したものを、日本酒製造のために買い戻しました

 思い立ってから6年、脱サラして3年かかった理由は、買収費用のほかに、伊東さんが地元亀崎での復活にこだわったからです。

 「日本酒を軸として、亀崎の地で200年続いた伊東家の旧家や酒蔵を復活させ、日本の文化を残し、地域に貢献したいという思いがありました。だからこそ、酒造免許の移転は絶対でした。他にも酒蔵売買の話はありましたが、多くはその地での生産が条件でした。その面でも(交渉相手の酒蔵との)折り合いがついてホッとしました」

 伊東さんによると、酒蔵復活に向けては以下の課題がありました。

  • 以前に売却した製造工場の買い戻し
  • 酒類製造免許と会社の移転(伊東株式会社に社名変更)
  • 井戸の水質調査
  • 製造機器の選択・注文
  • 冷蔵庫などの設備の選択・注文
  • 電気、配管、ガスなど必要計画を踏まえた建物の改築
  • 補助金申請(国の事業再構築補助金)
  • 来期の製造計画、酒質検討、米の手配
  • スタッフの確保

 「駐車場売却で得た資金は、土地建物の買戻し、過去の借金返済や税金などでほぼゼロになります。製造工場の改築、製造機器の購入については、買い戻した土地建物を担保に3億円を借り入れる予定です。会社員時代には見ることのなかった金額が動いているので、正直怖いですが、前向きな投資として覚悟をきめました。もう後には引けないです」

このタンクは近隣の酒蔵から譲り受けました

 伊東さんは21年冬から、亀崎の地で日本酒を仕込む予定です。平成になって建てた製造工場を買い戻し、酒造りの場として整えることにしました。

 以前、愛知県の蔵で一緒に働いていた元蔵人を1人雇い、初年度は2人で150石(一升瓶で1万5千本)を仕込む予定です。委託醸造1年目の「敷嶋0歩目」は一升瓶換算で約500本、2年目の「敷嶋 半歩目」は倍の千本を仕込み、地元中心の販売にも関わらず即完売でした。「酒蔵復活への道を応援してくれる方がたくさんいるので、張り切って仕込みます」と笑顔を見せます。

「敷嶋 半歩目」のボトルを持つ伊東さん。「1+1=3になるようなお酒を造っていきたい」と話します。

 日本酒の製造だけで、伊東家が所有する約1万平方メートルの土地や建物を維持するのは難しそうですが、伊東さんには考えがあります。「すぐに稼働させるのは日本酒製造の工場部分ですが、築200年の旧家も木造蔵も、将来的な事業には欠かせません」

敷地内にある趣のある中庭。ゆくゆくは「敷嶋」を飲みながらくつろげる旅館や飲食施設として稼働させる意向です

 伊東さんは「敷嶋」というお酒を軸に、歴史ある旧家を利用した旅館や、木造蔵を活用した飲食店、日本文化の体験施設の経営も視野に入れ、建物や庭の手入れをしています。目指すのは「世界から人が集い、日本文化が感じられるテーマパークのような場所」といいます。

 「日本酒は世界に目を向けると伸びしろがあり、ここ数年、海外の日本酒蔵も増えています。日本酒が広く世界に認知されれば、日本酒の価値はあがり、日本文化に興味を持つ人が増えます。そのときに、日本全国、そして世界から目指してきてもらえるような場所でありたいです」

工事中の酒蔵内に立つ伊東さん。「敷嶋」の歴史を再び動かします

 酒蔵の復活は、夢の第一歩です。「100年先も残るような蔵にしたい。ここから亀崎のにぎわいを取り戻し、地域活性化に貢献したいです」

 一度途切れた「敷嶋」の歴史をつないだ9代目。21年冬、いよいよ仕込みがはじまります。