目次

  1. 中学から実家を離れて修業
  2. 阪神・淡路大震災で廃業寸前に
  3. 弟妹を説得して呼び戻す
  4. 家族だからこそ力を合わせて
  5. 危機を救った「かまどさん」
  6. ヒットにつなげた仕掛け
  7. 陶器の「パーツ販売」に着手
  8. 作り手は真の使い手であれ
  9. 初心に戻ってテコ入れ
  10. 伝統産業で続ける変化

 5世紀前後の発祥とされる伊賀焼の郷・伊賀市には、今も約50軒の窯元があります。長谷園は1832(天保3)年創業。長谷さんは4人きょうだいの長男として生まれ、物心ついたときには「後継ぎ」と自覚していました。

 「長谷の坊ちゃんとして甘やかされて育ったら、ろくな大人にならん」。そんな両親の教育方針で、中学校から実家を離れ、高校からは東京に出されました。

 「トイレ共同、風呂なし4畳半のアパートでの一人暮らしでした。いろいろ大変でしたが、両親に恩返しして家業の役に立ちたいという思いは常にありました」

創業時から昭和40年代まで稼働していた16連房旧登り窯は、国の登録有形文化財です

 長谷さんは子どもの頃から「うちはモノづくりの力はあるけど、世に出す力は弱い」と思っていました。流通を学び、ユーザーの声が直接聞ける仕事に就こうと、大学卒業後の1993年、東京の百貨店に入社。希望を聞かれても「食器売り場」としか書かず、配属を勝ち取ります。

 バイヤーとして全国の陶器の産地を回り、家業を継承するときに力をつけておきたい。そんなプランを描いていましたが、予想より早く、伊賀に戻ることになりました。

 入社2年目の95年、阪神・淡路大震災で家業が大ピンチになったのです。

(続きは会員登録で読めます)

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。