父の経営基盤を活用 若い兄弟が新規市場に挑戦

 有限会社「ぬまくら」は、創業約40年。創業2代目の沼倉克彦社長(64)が新規事業として、秋田県内では当時珍しかった衣服へのプリントを始めたのが、アパレル業界参入へのきっかけでした。

 1990年代以降、首都圏のメーカーの仕事を受注しながら事業を拡大していきました。デザインごとに製版を作成して衣類の表面に着色する「シルクスクリーン印刷」という手法でプリントをしており、熟練した職人の手で行う技術は、膨らんで見えるような立体的なプリント技術など、質の高い仕事で業界からは評判です。

 父親の代で育て上げた経営基盤と高い技術力をもとに、創業3代目の沼倉佑亮専務(29)と彬人常務(27)兄弟が挑むのは、それまでの「下請け」からの脱却です。

 顧客企業からの発注に基づいた「生産」という主力事業に、デザインと企画という新たな要素を加えて企画から製造、販売までを一貫して行うことができ、よりエンドユーザーに近づく事業モデルへと転換を図りました。

 沼倉兄弟が推し進める「ICHINOSAI」と名付けられた新しいコンシューマー向けの事業は、企業向けのチームウェアの開発や、お笑い芸人の独自商品企画など、生産工場として技術をはぐくんできた同社にとって「第二創業」と位置づけられています。

雑談から生まれた「Withコロナの新商品」

 事業承継と新規事業の開拓を両輪で進めるぬまくらに対し、ゆざわ-Bizが支援してきた一つが、新商品の開発です。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。