目次

  1. 株主総会とは
    1. 株主総会の招集通知
    2. 株主総会の議事録
  2. 株主総会のテンプレート集

 株主総会とは、株主が会社に関する意思決定を行うため、議案を検討・決議する機関です。会社法に規定する事項及び株式会社の組織、運営、管理その他株式会社に関する一切の事項について決議をすることができます。

 ただし、株式会社には、多数の株主が存在する公開会社だけでなく、中小企業のなかには少数の株主による非公開会社も多数あります。株主数が少ない会社が効率よく開催できるような条文もありますので専門家に確認しながら進めると良いでしょう。

 会社法によると、株主総会を招集するには、取締役は、原則として、株主総会の日の2週間(公開会社でない株式会社は1週間)前までに、株主に対してその通知を発しなければなりません。

 会社法では「株主総会の議事については、法務省令で定めるところにより、議事録を作成しなければならない」と定められています。原則として、議事録は株主総会の日から10年間は本店に、5年間は支店に写しを保管する必要があります。

 株主総会議事録の何を記載すればよいかにについては会社法施行規則72条に定められています。具体的には以下の通りです。

  1. 株主総会が開催された日時及び場所(当該場所に存しない取締役、執行役、監査役、会計監査人又は株主が株主総会に出席をした場合における当該出席方法を含む)
  2. 株主総会の議事の経過の要領及びその結果
  3. 会社法上、株主総会での報告事項等、会社法の規定に基づいて述べられた意見や発言の内容
  4. 株主総会に出席した取締役、執行役、会計参与、監査役又は会計監査人の氏名又は名称
  5. 株主総会の議長の存するときは、議長の氏名
  6. 議事録の作成に係る職務を行った取締役の氏名

 詳細は専門家に確認しながら手続きを進めてください。ツギノジダイに会員登録(無料)すれば、株主総会の招集通知・議事録のテンプレート、議事録の議案集がこのページからダウンロードできます。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。