目次

  1. 譲渡された技術を磨き上げる
  2. 「アラジンらしさ」を社内で共有
  3. 中国で鍛えられたポジティブ思考
  4. 知財功労賞を受けて固めた守り
  5. 知財戦略が若手活躍のきっかけに
  6. 「中小企業らしさ」を軸に成長
  7. 後継ぎとしてワンチームを目指す

 1953年創業の千石は、三洋電機の傘下の下請けプレス加工工場として立ち上げられた後、63年に法人化されました。

 現在は国内に加え、中国やフィリピンにも生産拠点を置いています。従業員は345人で、年間売上高(2021年度)は単体で約191億円にのぼります。

 千石の事業はOEM・自社ブランド・部品製造の3本柱です。OEMや部品製造では祖業のプレス加工技術を生かし、様々なジャンルの家電生産を下請けとして支えています。

 自社ブランドでは、石油ストーブの「アラジン」が古くから知られています。このブランドは英国発祥ですが、2005年に権利譲渡を受けた千石が育て上げてきた結果、長く愛される商品群が生まれました。

 近年はブランドを拡充し、15年に発表した高級トースター「グラファイトトースター」は累計販売台数が200万台を超えるヒット商品に成長しました。

千石のグラファイトヒーター

 人気の秘密は、瞬発的な高温によって最大限に引き出されたトーストのおいしさです。特殊技術の「グラファイトヒーター」を搭載しており、0.2秒で発熱し、短時間で1300度に達する圧倒的なスペックを誇っています。

(続きは会員登録で読めます)

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。