目次

  1. ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)とは
  2. 「ホワイトハウスコックス」2022年末で事業廃止

 ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)の公式サイトなどによると、ホワイトハウス氏とサミュエル・コックス氏がイギリス・バーミンガムの北西にあるウォルソールで1875年に創業した革製品ブランドのメーカーです。

 元々、鞍や手綱などの高品質な馬具用品などを作り続け、その後は馬具用に作られたブライドルレザーを生かして、その後、鞄、ベルト、財布など革製品を展開しています。

ホワイトハウスコックスの革ベルト。代表的な革として、強く耐久性のあるイングリッシュブライドルレザーが用いられることが多い

 正規代理店のグリフィンインターナショナルの公式ホームページは、ホワイトハウスコックス マネジングディレクターのステファン・コックス(Stephen Cox)の手紙を公開。

 2022年末で147年のブランドの歴史を閉じることを明らかにしました。後継者の不在が理由だとしています。

 日本のユーザーに向けた手紙には、日本において長年愛されてきたことにも深い感謝をつづっていました。