何度もプレゼン ようやくつかんだ農業参入

 山口県萩市は人口約4万5千人。今もなお城下町のたたずまいが残る明治維新胎動の地として知られる観光地です。海も山もある豊富な地域資源から、漁業や農業などの一次産業も盛んです。

 萩市の中でも山間部に位置する上田万(かみたま)地区で2019年から米作りを始めたのが、大阪のアパレル会社「大協テックス」の原尚豪さんです。多角化戦略として社員から企画を募集する機会を生かして、実家の田んぼを活かした農業参入についてプレゼンしました。1回のプレゼンでは通らず、何度もチャレンジしてようやく萩支店を1人で立ち上げることになりました。

儲からない農業を打破したい

 なぜ何度もプレゼンするほど一生懸命になれたのか。その理由は、原さんが幼少期から父・尚徳さんから聞いてきた「農業は儲からんよ」という言葉にあります。

 「本当に農業は儲からないのか、それを自分自身の手で打破していきたい」という思いから、社長に対して何度もプレゼンしました。

 そして大阪から地元萩市に移住してきた原さん。父・尚徳さんに萩支店として農業参入することを伝えました。すると、尚徳さんは今までの作付けや売上状況を見せて、「決めたんだったらやれ」と言ったそうです。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。