創業40年。地元に愛されるレストラン

 秋田県の最南端に位置する湯沢市で、約40年続くレストラン「びいどろ」。休日の昼となると地元の人たちで店内はにぎわい、厨房から客席までお店を所狭しと母親と一緒に切り盛りをする葛西英樹さん(35)は、創業者である父親の跡を継いで、約8年になります。

 高校を卒業後に東京都内のイタリア料理店などで修行し、店を継ぐために湯沢市に戻ってきた葛西さんは、時代の変化とともに、メニューも様変わりしていく周囲の飲食店も多いなか、父親が作り続けた「鉄板焼きオムライス」や「ナポリタン」といった創業当時から変わらない看板メニューを提供しつづけることに誇りをもっていました。

びいどろで人気の「鉄板焼きチーズオムライス」。葛西さんの父親が発案したメニューで葛西さんが味を引継ぎ、今もなお人気メニューだ

2代目の悩みは「内装」

 しかし、近年は湯沢市も人口減少が著しく、一昔前と比べて客足も減少傾向にあり、特に2020年は新型コロナウイルスの影響もあって客数が激減しました。

 葛西さんが「今後のことを色々と相談したい」と湯沢市ビジネス支援センターを訪れたのは、新型コロナウイルスによる全国的な緊急事態宣言が解除されて、飲食店にも徐々に客足が戻り始めた2020年5月。経営相談のなかで葛西さんが口にしたのは、まずは目指すべきお店の姿でした。

 「これからも地元で家族連れのお客さんに愛されるお店でありたい」。
葛西さんが目指したのは、子ども連れのお客さんでも気軽に来店できて、長居もできるお店づくりです。自慢のメニューに加え、お店ではボリューム満点のお子様ランチも子どもたちから人気です。
 しかし、その中で一つ悩みがあったのは、店舗の内装でした。「子ども連れの客層は20歳代から30歳代が多く、若い世代を集客するには内装が少し時代遅れでどうしようかと思っている」と葛西さんが話す店内は、少し古めかしい店内。テーブル席の奥にあるお座敷席は、畳も少し劣化していて店の悩みでもありました。

びいどろの座敷席

理想とするお店作りの鍵となったお座敷席

 筆者は今でも、当時の葛西さんとのやり取りを鮮明に覚えています。葛西さんが発した「うちのあの座敷は古くて」というフレーズが、私の中の経験や知識、そして「家族が楽しめる大衆レストランを目指したい」という葛西さん自身の言葉と重なり、理想とする店舗づくりへのアイデアが次々と出てきたのです。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。