「大人向け地元ブランドがほとんどない」と感じていた

 JR福山駅のすぐ目の前に店を構えるカジュアルウェアのセレクトショップ「ホルスワークス」のオーナー今福俊和さんが初めてフクビズに訪れたのは2017年4月のこと。

福山駅前のホルスワークス店舗

 売上アップと新たな成長戦略についての意見交換が主な目的でした。福山出身の今福さんは大学卒業後に神奈川県のセレクトショップに勤務し店舗マネージャーやバイヤーを経験の後に帰郷しました。

 故郷に戻って念願の店を開業したのが17年前。上質なアメカジの品揃えと丁寧な接客が地元の30代後半~40代の大人おしゃれ層に支持され、業績は順調に推移してきました。もう1店舗構えたこともありましたが、2店体制でのサービスの質の維持が難しく早々に撤退、スタッフ育成の重要性を痛感したそうです。

 その後は駅前店に経営資源を集中して業績の安定化を図り、OJTでスタッフの育成にも力を入れてきました。17年が経ち、経営的にはまずまず安定しているものの、さらに前進するための糸口を見つけたいとのこと。

 また、デニム生地を筆頭にもの作りの町として名高い福山なのに大人向けの地元ファッションブランドがほとんど存在しない現状を何とかしたい、という強い思いを持っていることも分りました。

 今福さんがいつも学びの姿勢を持ち他人の話を受け入れる柔軟な思考をされる方であることや、強い情熱を持って事業に取り組んでいることを知るのに時間はかかりませんでした。それらは今後の事業を成長させるうえで、強い原動力となるに違いないと思いました。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。