不用意なSNS投稿を未然に防ぐ

 アルバイトを含む従業員が、店の商品を使っていたずらをするなど、モラルに欠ける行動をSNSに投稿し、炎上するトラブルが後を絶ちません。炎上まで至らなくとも、業務内容をSNSに不用意に投稿することは、個人情報や営業秘密の漏洩にもつながりかねません。

 普段は優秀な従業員でも、自覚のないSNSへの投稿が不祥事に発展してしまう場合もあります。このような事態は未然に防がなければなりません。

 SNS利用に関して、従業員に個人情報の保護なども含めた法令順守の自覚を促す誓約書に署名してもらうことが、対策の一つとして考えられます。ただし、会社と従業員の労働契約は、労働契約法によって規定され、「労使対等」の原則があることから、誓約書は雇用関係において、法的に特別な力を持つわけではないことに注意しましょう。

アルバイトを含む従業員の入社時などに活用する誓約書のイメージ
アルバイトを含む従業員の入社時などに活用する誓約書のイメージ

 では、誓約書を作成する際は、どのような点に留意すればいいのでしょうか。ツギノジダイでは、人事・労務ビジネスフォーム全書(日本法令)などを執筆している、山崎泉さん(アウル社会保険労務士法人代表社員特定社会保険労務士)が作成した、入社時およびSNSなどの利用に関する誓約書2種類のテンプレートを用意しました。書き方などについても、解説を加えています。ツギノジダイ会員に無料登録すれば、テンプレートを無料ダウンロードできます。(編集協力・熊野雅恵

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。