月1ペースで開かれる「さやキチ」イベント

 狭山市では、毎月第1日曜日に月1回のペースでキッチンカーイベントが開催されています。イベントにはキッチンカーなど4~7店舗が出店しています。

2021年3月に開催された「さやキチ」のチラシ

 これらのキッチンカーイベントは「さやまキッチンカーマルシェ」(通称:さやキチ)と名付けられ、2021年6月には縁ある不動産屋の10周年イベントに出店するなど活動が広がり、市民への認知度も上がってきました。

 このイベントの仕掛け人が、キッチンカーのリース事業と出店をワンストップで後押しするサービスを始めた「野口自動車工業」の野口功祐社長です。

野口自動車工業の野口功祐社長

最初の相談は「飲食業界の苦境に何かできないか」

 野口自動車工業は、狭山貨物運輸の整備事業を独立させる形で1972年に創業。車検・整備や修理・板金塗装のほか、新車・中古車の販売/買取やリース、レンタカーと、「自動車に関するサービスを通じて、地域の安心・安全を提供する」という思いのもと、自動車総合サービスを展開しています。

 提供しているサービスは多岐にわたります。たとえば、通常の新車リース金額に月額1,000円追加負担するだけでキャンピングカーが年2回レンタルできる「リース+1(プラスワン)」サービスは、アウトドア人気の後押しもあり好評を得ています。

 そんな野口自動車工業の野口社長が、コロナ禍による飲食業界の苦境に何かできないかと考えて狭山市ビジネスサポートセンター(Saya-Biz)を訪れたのは2021年2月のことでした。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。