デザイナー出身の後継ぎ社長が主導

 ベビー・子ども関連ブランドのファミリア(神戸市)社長の岡崎忠彦さんは、創業者の1人である坂野惇子氏の孫にあたります。しかし、若いころ、家族からは「お前だけは絶対に会社に入れない」と言われていたそうです。

 最初は家業に入らず、アメリカでデザイナーとして活動していました。「ドイツの美術学校の教育フォームを基本にして、グラフィックや写真、そして歴史を勉強することの大切さを学びました。グラフィックデザイナーの八木保さんからデザインの基礎をたたき込まれたのも、大きな経験でした。八木さんからは、『本物を見なあかん』と常に言われていました。いかにディテールにこだわるかを学びました」

 岡崎さんがアメリカで活動したのは1990年代です。「アップル社のスティーブ・ジョブズが活躍していて、Think different(アップル社が仕掛けたプロモーションのキャッチコピー)という言葉にも影響されました」と振り返ります。

 その後、2003年にファミリアに入社し、2011年に社長に就任しました。ファミリアは百貨店とともに事業を拡大していきましたが、バブル崩壊をきっかけに売り上げが下降線をたどっていました。「最悪の状況から社長をスタートしました」という岡崎さんは、創業の原点を見つめ直しました。

イベントに登壇したファミリアの岡崎忠彦社長
イベントに登壇したファミリアの岡崎忠彦社長

 「1950年に創業した時は、ママ友4人が始めたベンチャー企業でした。創業者たちは、戦後、焼け野原になった日本を復興するには、子どもがいかに健やかに育つかが大切になるという思いを抱きました。当時のようなベンチャーマインドを持つことを意識して、ビジネスを続けています」

 2016年には祖母をモデルにしたNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」が放映され、社員も原点を勉強し直すきっかけになったといいます。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。