連載:デザイン経営のチカラ

「べっぴんさん」の孫が進めたデザイン経営 ファミリア創業理念への回帰

デザイン経営を採り入れたファミリア神戸本店のエントランス(ファミリア提供)
デザイン経営を採り入れたファミリア神戸本店のエントランス(ファミリア提供)

 アップル社などが推進しているデザイン経営を、中小企業はどうやって採り入れればいいのでしょうか。クリエイティブ企業・ロフトワークが2020年3月に開いたイベント「中小企業のデザイン経営」のリポート2回目は、ファミリアなどの子ども関連企業3社によるデザイン経営の実践例を伝えます。

デザイン経営のチカラ

デザイン経営のチカラ

この連載の記事一覧へ

デザイナー出身の後継ぎ社長が主導

 ベビー・子ども関連ブランドのファミリア(神戸市)社長の岡崎忠彦さんは、創業者の1人である坂野惇子氏の孫にあたります。しかし、若いころ、家族からは「お前だけは絶対に会社に入れない」と言われていたそうです。

 最初は家業に入らず、アメリカでデザイナーとして活動していました。「ドイツの美術学校の教育フォームを基本にして、グラフィックや写真、そして歴史を勉強することの大切さを学びました。グラフィックデザイナーの八木保さんからデザインの基礎をたたき込まれたのも、大きな経験でした。八木さんからは、『本物を見なあかん』と常に言われていました。いかにディテールにこだわるかを学びました」

 岡崎さんがアメリカで活動したのは1990年代です。「アップル社のスティーブ・ジョブズが活躍していて、Think different(アップル社が仕掛けたプロモーションのキャッチコピー)という言葉にも影響されました」と振り返ります。

 その後、2003年にファミリアに入社し、2011年に社長に就任しました。ファミリアは百貨店とともに事業を拡大していきましたが、バブル崩壊をきっかけに売り上げが下降線をたどっていました。「最悪の状況から社長をスタートしました」という岡崎さんは、創業の原点を見つめ直しました。

イベントに登壇したファミリアの岡崎忠彦社長
イベントに登壇したファミリアの岡崎忠彦社長

 「1950年に創業した時は、ママ友4人が始めたベンチャー企業でした。創業者たちは、戦後、焼け野原になった日本を復興するには、子どもがいかに健やかに育つかが大切になるという思いを抱きました。当時のようなベンチャーマインドを持つことを意識して、ビジネスを続けています」

 2016年には祖母をモデルにしたNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」が放映され、社員も原点を勉強し直すきっかけになったといいます。

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。

この記事に関連するタグ

この記事をシェア

FOLLOW US

メルマガ登録

おすすめのニュース、取材余話、イベントの優先案内など「ツギノジダイ」を一層お楽しみいただける情報を定期的に配信しています。メルマガを購読したい方は、会員登録をお願いいたします。

新規会員登録

朝日新聞社が運営する「ツギノジダイ」は、中小企業の経営者や後継者、後を継ごうか迷っている人たちに寄り添うメディアです。さまざまな事業承継の選択肢や必要な基礎知識を紹介します。

さらに会社を継いだ経営者のインタビューや売り上げアップ、経営改革に役立つ事例など、次の時代を勝ち抜くヒントをお届けします。企業が今ある理由は、顧客に選ばれて続けてきたからです。刻々と変化する経営環境に柔軟に対応し、それぞれの強みを生かせば、さらに成長できます。

ツギノジダイは後継者不足という社会課題の解決に向けて、みなさまと一緒に考えていきます。

Facebook Facebook Facebook Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Twitter Twitter Web Site YouTube