目次

  1. 【1】地域と調和しながら自社を改革:東多賀の湯
  2. 【2】仙台牛を通じた震災復興:肉のいとう
  3. 【3】「最古」の資産があるからできること:川越せんべい
  4. 【4】先進的な農業の教科書:米シスト庄内
  5. 【5】6次産業化で目指す雇用増:水産加工グループ・島のごちそう
  6. 【総括】地域とともに生きる
鳴子温泉郷の振興に力を注ぐ「東多賀の湯」2代目の遊佐翔さん

 温泉では旅館のお風呂や食事が楽しみですが、旅館単体だけでなく、温泉街の風情が良かったり、周りの観光資源があったりするともっと輝きます。つまり地域資源があってこそ、その旅館の魅力も増しますので、周りとの調和や協力も旅館ビジネスに重要と言えます。その観点から、地域を盛り上げながら温泉街の復興を進めているのがこの会社の良いところです。

 近くの旅館の後継ぎや土産物屋の店主、ボランティアなど、鳴子を盛り上げたいと思っている人たちと「NARU-Go!再生プロジェクト」を立ち上げましたが、その際素晴らしいのが、20代から70代まで多様な年代の人々が集まったことです。これがアイデアの多様性を生み、イベントの活性化などに寄与していることが注目に値します。

(続きは会員登録で読めます)

ツギノジダイに会員登録をすると、記事全文をお読みいただけます。
おすすめ記事をまとめたメールマガジンも受信できます。