目次

  1. ツギノジダイの記事の読まれ方
  2. ツギノジダイで読まれたTOP20
    1. もっとも読まれたのは、月次支援金の解説
    2. 緊急事態宣言の変わる対応にも注目
    3. ランドセルの「セイバン」の業務改善はYahoo!ニュースから
    4. 岩下の新生姜はYahoo!でもTwitterでも
    5. 消費税の総額表示義務はBtoBでも注目
    6. ワクチン休暇の対応を紹介
    7. はてブやTwitterで拡散されたプログラミング授業
    8. 雇用調整助成金は毎月情報更新
    9. 一時支援金の駆け込み申請に対応
    10. 長く読まれ続けるエピソード

 ツギノジダイには、継続的に訪れているユーザーだけでなく、Google、Yahoo!といった検索サイトからの流入、Yahoo!ニュース、スマートニュース、LINEニュースなどに転載された記事の関連リンクからの流入、TwitterやFacebookなどSNSからの流入など様々な経路から読まれています。

 2021年1月1日~7月18日の間に、ツギノジダイで多く読まれた記事を集計しました。

 多く読まれた記事を順番に並べると次の通りでした。見出しは、記事更新のときに少しずつ改善を加えていますが、見出しを変えても1本の記事として集計しています。ほかのメディアプラットフォーム上で読まれた数は含めていません。

  1. 月次支援金とは 申請はいつから?対象事業者・計算方法・申請手順を解説
  2. ○回目の緊急事態宣言、いつからいつまで?要請内容や休業補償を解説
  3. 「大きな町工場」からの脱皮 セイバン4代目が描く「次の100年」
  4. CMを減らしても売り上げ増 「岩下の新生姜」のマーケティング戦略
  5. 【総額表示義務は2021年4月から】見積書や請求書は?ユニクロは値下げ
  6. 【ワクチン休暇とは】特別有給休暇など3つの選択肢 企業の事例も紹介
  7. 米ハーバード大学のプログラミング授業「CS50x」日本語訳が無料公開
  8. 雇用調整助成金、○月以降どうなる?一部地域・業況で特例が延長
  9. 一時支援金の申請期限、5月末から2週間程度延長 延長申し込みが必要
  10. 「この男しかいない」51歳社長をうならせた経営案 不動産業を39歳に承継
  11. 月次支援金の申請書類の不備に注意「審査に時間かかる」対象外の事例も紹介
  12. ワクチンの職域接種とは【新型コロナ】いつから?対象者や費用・手順を紹介
  13. まん延防止等重点措置とは 緊急事態宣言との違い・対象区域・内容を紹介
  14. 暗号資産のマイニング投資 確定申告では手遅れも 税金の支払いに注意
  15. 【2021年版税制優遇】中小企業経営強化税制・中小企業投資促進税制が延長
  16. ゆうちょ銀行、2022年1月から現金取引やATM手数料を新設・値上げへ
  17. 赤字の酒蔵「このままでは持たない」 6代目が絶えず進めた商品改革
  18. 【写真特集】「岩下の新生姜ミュージアム」のユニークな展示品
  19. 事業再構築補助金の採択、なぜ第1回公募は「8割落第しそうな勢い」なのか
  20. いちごミルクキャンディの老舗が廃業 休廃業・解散が増える理由とは

 この中から、上位10本の記事が読まれた理由を紹介します。

 月次支援金とは、2021年4月以降の緊急事態宣言などの影響を受けた中小企業や個人事業主向けの支援制度です。それまでにあった一時支援金に代わる制度です。

 経済産業省の特設ページや事務局のサイトができる前から、なるべく申請準備に必要な情報を整理したところ、ユーザーの興味関心に応じた記事が表示される「Google Discover」のほか、Googleなど検索サイトで一時期、上位に表示されたため、多くの方に読まれました。

 2021年に、地域によっては3回目、4回目の緊急事態宣言が発令され、飲食店や大型商業施設への時短・休業要請など日々対応が変わっていきました。政府の資料をもとに、事業者向けの情報を整理することで、Googleなど検索サイトで一時期、上位に表示されたため、多くの方に読まれました。

 ロングセラーの「天使のはねランドセル」で知られるセイバンの4代目社長・泉貴章さんへのインタビュー記事の後編です。

セイバンは1919年、兵庫県たつの市出身の泉亀吉氏が大阪で泉亀吉商店を開業したのが始まりです。終戦翌年の46年、たつの市に本社工場をつくり、ランドセル製造に乗り出しました。86年、現在のセイバンに社名変更し、2003年に発売したランドセル「天使のはね」が大ヒットしました。泉貴章さん(写真)は11年に4代目社長となりました(写真はすべて同社提供)
セイバンは1919年、兵庫県たつの市出身の泉亀吉氏が大阪で泉亀吉商店を開業したのが始まりです。終戦翌年の46年、たつの市に本社工場をつくり、ランドセル製造に乗り出しました。86年、現在のセイバンに社名変更し、2003年に発売したランドセル「天使のはね」が大ヒットしました。泉貴章さん(写真)は11年に4代目社長となりました(写真はすべて同社提供)

 インタビュー記事の前編が、Yahoo!ニュースの「トピックス」(ヤフトピ)に取り上げられました。その記事の関連リンクに後編へのリンクを貼っていたため、多くの方に読まれる結果となりました。

 CMでおなじみ「♪~岩下の新生姜」で知られる岩下食品(栃木県栃木市)の4代目社長・岩下和了さんへのインタビュー記事の後編です。

岩下食品の4代目社長・岩下和了さんが開館した「岩下の新生姜ミュージアム」が、売り上げアップに貢献しました

 こちらもインタビュー記事の前編が、Yahoo!ニュースに転載されたところ、注目され、その記事の関連リンクに後編へのリンクを貼っていたため、多くの方に読まれる結果となりました。

 このほか、Twitterでファンと交流を続けている岩下社長の紹介ツイートを通じてもたくさん読まれました。

 消費者向けの値札や広告などで、商品やサービスの価格を表示する場合に2021年4月1日から消費税を含めた「総額表示」が義務づけられました。その制度を紹介する記事です。

 消費者向けだけでなく、BtoBの取引時の見積書や請求書の扱いについて悩んでいる事業者が多いことを知り、見出しに追加したところ、Google検索でも上位に取り上げられ、多くの方に読まれました。

 ワクチン休暇とは、企業ごとに制度は異なりますが、従業員が新型コロナのワクチンを接種しやすいよう接種日や副反応が出たときに休暇を認める制度のことです。

 先進的に休暇制度を設ける中小企業が出ている一方、多くの中小企業は対応を決めかねている様子でしたので、考えられる対応について社労士の岡佳伸さんの協力を得て、対応策を整理したところ、Google検索でも上位に取り上げられました。

 米ハーバード大学がオンラインで無料公開している、PythonやJavaScriptのプログラミング学習とコンピューターサイエンスの入門講座の日本語訳ページ「CS50.jp」が無償公開されたことを紹介する記事です。

CS50.jp 実際のページ例

 この記事が「はてなブログ」のブックマークや「Japan Digital Design」のCTO楠正憲さんの紹介ツイートに加え、「Google Discover」にも取り上げられたことでたくさんの方に読まれました。

 雇用調整助成金とは、新型コロナの影響で、事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を図るために「雇用調整(休業)」を実施する事業主に、休業手当などの一部を助成するものです。

 特例措置が毎月、延長されるため、厚生労働省の対応に沿って記事を更新し続けているなかで、Google検索でも上位に取り上げられるようになりました。

 2021年1月に出された緊急事態宣言の影響を受けた中小企業・個人事業主向けの「一時支援金」について、経済産業省は書類の提出期限を5月31日から2週間程度延ばすと発表した内容を紹介した記事です。

 駆け込み申請のニーズに合わせる形で、給付対象となる事業者、給付される金額の計算方法、延長申請の詳しい方法を紹介したところ、Google検索でも上位に取り上げられるようになりました。

 愛知県の不動産会社「石井不動産」は、リーダー格だった親族外の39歳の社員を経営層に抜擢するという事例を紹介した記事です。

石井不動産の石井公久会長(左)と清水昭博社長(写真はいずれも同社提供)

 筆者であるV字経営研究所の酒井英之さんは、経営コンサルタントとして長く関わっているからこそ知っているエピソードに、経営改善の視点を交えて解説しており、ほかの記事も長く読まれ続けています。